関数電卓マニアの部屋

CASIO fx-290

拡大拡大

メーカー CASIO 10/07/23初出
型式 fx-290  
実売価格 \1,580 ネット通販(Amazon.com)
入力方式 数式通り  
角度モード [MODE][MODE][数値]
[F<->E]キー [ENG]
メモリSTO [SHIFT][STO][A-F, M, X,Y]
メモリRCL [RCL][A-F, M, X,Y](CASIO方式)
√キー独立  
x^2キー独立  
1/xキー独立  
BSキー  
一見,古く見えるがれっきとした10 年6月発売の新モデル.CASIOホームページによると,最もベーシックな機能を持 つ「スタンダード関数電卓」としてfx-260Aの後を継いだのだそうだ.見た目は旧 モデルfx-350MSにそっくり.唯一,太 陽電池の有無が異なるのみで,ディティールに至る外形,色,キーアサインは全く同じだ.従って機能もほぼ同じで,新しく付け加わったのが「単位換算機能」,「整数乱数機能」である.

パッケージには「199機能」を謳うが,109種類ある単位換算を含んでいるのでこれを引くと91機能.fx-350MSが88機能なので,「整数乱数」を引いた残り2つは何だろうか.ちなみに,下のfx-913ESでは,単位換算と逆換算を別々に勘定しているが,さすがに反省したのだろうか.私に言わせればまだまだ反省が足りない.消費者の皆さんには,数字上のスペックで選ばない賢い選択をして欲しいところである.

関数電卓としての基本機能はもちろん全て揃っており,上位機種にあって本機に無いのは複素数,積分,CALC機能など.

お値段は,私が買った頃はまだ出始めだったのでこの通りだが,現在では1,200円くらいで手にはいるらしい.ライバルとしてはCanon F-715SHP 10sが挙げられる.F-715Sは本機に比べると少々高く,10sは入手困難.とにかく,なるべく安い関数電卓をお探しなら本機がお薦めである.もはや「安いから」といって「標準電卓」を選ぶのはやめた方が良いだろう.そういう意味では本機は文字通り2010年代のスタンダード機と言って良い.

fx-260Aが引退したことで,CASIOの関数電卓に関するUIの思想は完全に「数式通り」にシフトしたといえる.欠点も多いが,ユニークなモデルだったので惜しまれる.合掌.